前へ
次へ

バーベキューの味付けにスパイス

料理には味付けが必要です。
いい香りが漂う場所では、バーベキューを楽しむグループがいます。
スパイスをアウトドア料理で使いこなせるなら、それが肉や魚などを豪快に焼くバーベキューであれば、料理の腕を周りに認めてもらえるはずです。
スパイスの調合に決まりはないものの、入れすぎないことがポイントです。
フレッシュハーブは、炭火だからこそ火の中に入れてみましょう。
いい香りが肉や魚にもついてくれます。
使い切れなかったフレッシュハーブは、冷凍も可能です。
煮込み料理やオーブン料理に後々活用できます。
バーベキューでは肉より魚介類、という楽しみ方もあるでしょう。
川遊びや海遊びで使う食材も異なります。
例えば、ニジマスなどの淡水魚は、山椒やローズマリーが臭みを消してくれます。
お腹の中にシーズニングスパイスを入れて、ホイル焼きもおすすめです。
海水魚は、ガーリックやジンジャーがおすすめ、タコやイカ、あさりなどはタイムや唐辛子などを振りかけてみましょう。
基本、シーフードは白ワインに漬け込むのがベストです。
バーベキューで鉄板なのはホタテのグリル、貝のフタが開く瞬間を待ち望む人も多いはず、小分けのだし入りインスタントのお味噌汁を代用したレシピも人気で、生味噌、ネギで味付けするだけです。

Page Top